「お魚かたりべ」
森下倫年 さん
瀬戸内海でとれる地魚

2019年05月10日号

おいしい食べ方を紹介
魚文化を拡大するため
水産庁が県内で初任命
もりした  ともとし(66)

 国が作成している食糧需給表によれば日本人一人当たりの食用魚介類消費量は2001年の年間40・2㎏をピークとして年々減少し、16年には24・6㎏にまで落ち込んだ。国民の「魚離れ」を食い止めるために水産庁は12年から各都道府県で魚食文化の普及・伝承に努めている市民累計140人以上を「お魚かたりべ」に認定している。森下さんは今年1月に岡山県下で初めて「お魚かたりべ」に任命された。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン