〔医〕和洋会・川上歯科医院
理事長・院長 川上和洋さん
先端治療、技術を積極導入

2019年08月20日号

唾液でのがんリスク検査も開始

「セレック治療」に注力

金属アレルギーから脱却へ

かわかみかずひろ(54)

 〔医〕和洋会・川上歯科医院では、保険診療など一般的な歯科治療にとどまらず、最先端のセラミック治療「セレック」や、口臭治療、また訪問歯科診療など、多様な治療、技術提供を積極的に行っている。4月には唾液(だえき)によるがんのリスク検査「サリバチェッカー」を導入した。それらの取り組みについて川上院長に話を聞いた。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン