㈱赤田運輸産業
社長 赤田健さん
異型貨物運送の伸び順調

2019年11月20日号

6月、新社長に就任

本社整備で年商も倍に

「5年後には年商15億円に」

あかだたけし(35)

 運送業の㈱赤田運輸産業は長尺物や異型貨物の共同配送サービス「メタル便」の受注拡大で業容を拡大している。共同配送「メタル便グループ」(全国9運送事業者)の「メタル便中国四国HUBセンター」として17年に物流倉庫などを備えた新社屋を建設し、18年12月期決算では年商を2倍とした。同社は従来、大口顧客に依存する経営体質だったが、メタル便のサービス開始で体制強化。6月に社長に就任した赤田氏に会社の展開を聞いた。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン