ジャムタン
代表 田賀朋子さん
事業でセネガルを支援

2020年06月20日号

対等な立場で国際協力 

カラフルな布ブランド展開

現地のゴミ問題が活動の発端

たがともこ(30)

 西アフリカのセネガル共和国から輸入するカラフルな布製品ブランド「jam tun(ジャムタン)」を運営する田賀朋子さんの活動が注目を集めている。所得の少ないセネガル共和国の仕立て職人が手掛けた現地の素材を使ったバッグや衣類を国内で販売することでの国際協力を推進。昨秋にはクラウドファンディングを実施し支援金を現地の設備投資やブランドの新商品開発費用にあてた。田賀さんに今後の活動について聞いた。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン