㈱日本政策金融公庫倉敷支店
支店長 伊藤靖生さん
コロナ禍で機能発揮

2020年10月01日号

事業承継支援も積極化

いとうやすお(52)

 

   倉敷と高梁、総社や浅口、新見市や矢掛町、吉備中央町、里庄町の5市3郡をエリアにする政府系金融機関の日本政策金融公庫倉敷支店はコロナ禍の中、3―7月までで2610件の融資対応をするなど、セーフティネットとしての役割を発揮した。各社、資金不足に陥る傾向にある中、年末には相談も増えるとし対応を急ぐ。また、同社は、社会課題とされる事業承継や創業者支援にも積極的。8月に着任した伊藤支店長に話を聞いた。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン