〔公財〕岡山県産業振興財団
理事長 佐藤兼郎さん
販路開拓など支援体制を強化

2020年10月20日号

コロナで9割超の企業が苦境

さとう  けんろう(65)

    岡山県の外郭団体で県内の中小企業の各種支援をする〔公財〕岡山県産業振興財団はコロナ禍のなか、特別相談窓口を設置するなど、中小企業の支援体制を強化している。同財団の賛助会員ら3千社を対象に岡山県が8月に行った調査では、9割以上が新型コロナウイルス感染拡大で影響が「出ている」、または「今後、出る可能性が高い(1カ月~半年以内)」と答えるなど、県内企業は苦境に立たされている。その対応策などを、7月に理事長に就いた佐藤氏に聞いた。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン