三原中心市街地活性化基本計画
商店街活性化や交流人口促進

2015年12月20日号

三原中心市街地活性化基本計画
 三原市(天満祥典市長)が平成2009年度から策定を開始した「三原市中心市街地活性化基本計画」が11月27日付けで内閣総理大臣の認定を受けた。
 計画期間は15年12月から20年3月までの5年4カ月として、計画区域は新たに円一町を含むJR三原駅周辺の約90ha(旧計画区域約60ha)を設定しそのエリアを次のように定めた。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン