常石の関連会社が運航
尾道の近海に就航
水陸両用機で遊覧

2016年01月20日号

常石の関連会社が運航
 ㈱せとうちSEAPLANES(尾道市浦崎町1364―6、電0848・70・0107)が「水陸両用機」の運航へ準備を進めている。
同社の親会社であるツネイシホールディングス㈱(神原宏達社長)の関連会社、米国のクエスト・エアクラフト・カンパニーのノアハウ等を活かして、小型航空機事業に参入。せとうちSEAPLANESが近海の瀬戸内海をエリアで水陸両用機による遊覧、旅客運送、チャーター便の運航を実施する計画で、1月12日に同社を取材したときには「1月15日には大阪航空局から運航に必要な認可を得る見込み」と説明していた。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン