和田歯科・和田圭祐副院長
最先端の歯科医療システム構築
立体造形機導入し歯科技工物成形

2016年03月20日号

院内に専用CAD/CAM室を設置

 和田歯科医院(福山市新市町新市695-2、和田 勝院長、電0847・52・6480)の圭祐副院長(45)=写真上=はこのほど、同院内に「CAD-CAMセンター」を設けた=写真中。同院が理想とする“技工士の技量にあまり左右されない歯科医療システム”の構築に向けていよいよ動き出した。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン