シバセ工業
モーター自動検査装置事業を本格化
ストローと3本柱で展開

2016年05月20日号

30年には年商で12億円目指す

モーター用自動検査装置

磯田社長

ストロー製造のシバセ工業㈱(浅口市鴨方町六条院中3037、磯田拓也社長、電0865・44・2215)はモーター用自動検査装置の製造販売を本格化させる考えを発表した。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン