福山共同生コン
打設後3Hで歩行・24Hで大型ダンプ走行可
早期強度発現型・フライアッシュC販売強化

2016年05月20日号

   生コンクリート製造業の福山共同生コン㈱(福山市新浜町1―7―23、博多充宏社長、電084・953・1321)は、5月11日同地で、建設会社を対象に、硬化促進剤「マスターエックスシード(BASFジャパン㈱製)」を使用した「早期強度発現型コンクリート」と「フライアッシュ(中国電力㈱製)コンクリート」の公開施工を備後地方で初めて行った。

    

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン