わくわくミシン工房
夏休みの工作に布小物を
8月末までお助け教室

2017年08月20日号

 家庭用から業務用までミシンを数台並べたミシンカフェを運営するわくわくミシン工房(福山市新涯町6-10-5、岡崎宜子代表、電084・957・6362)は8月末まで、夏休み宿題お助け教室を開いている。手ぶらで参加して、ミシンソーイングで創意工夫が凝らされたオンリーワンの布小物が作れるとあって、毎年人気を博している。今年の作品は「フェルト製小銭入れ(ファスナー付き)」=写真=で、参加費は材料費込み1千円。要予約。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン