看取り士会
人生の最期を幸せに送るために
9/10岡山大で全国大会開催

2017年09月10日号

看取りを通し生き方を考える
 一般社団法人日本看取り士会(岡山市北区横井上1609-2-107、柴田久美子代表理事、電086・728・5772)は9月10日〔日〕午後1時―5時、「第4回日本の看取りを考える全国大会」が岡山大学JunkoFukutakeホール(同市北区鹿田町2-5-1)で催される。第1部では、東京大学・矢作直樹名誉教授とノートルダム清心女子大学・保江邦夫名誉教授の講演がある。第2部では、シンポジウム「あなたは誰に看取られたいですか」が開かれる。入場料は3千円(当日は4千円)で、定員350人。同会は6年前から活動しており、4年前に岡山に本部を構えた。「看取り士」は全国に285人おり、岡山県内には20人、福山市内でも1人が活動している。最近は有名週刊誌などでも取り上げられるようになっている。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン