衆議院選挙広島県第7区
3候補者の訴え紹介

2017年10月20日号

 10月22日〔日〕に投票の第48回衆議院選挙は「北朝鮮問題」「消費税利率引き上げ」「脱原発」「憲法9条改正」「森友・加計問題」など、判断材料が多岐にわたっており見極めが難しいが、「投票に行っても仕方ない」と諦めてはいけない。2014年12月に行われた第47回総選挙では7区の投票率は47・51%で、全国平均(52・66%)を大きく下回った。恥ずかしいことだ。今回、候補者3人の訴えを可能な限り掲載した。冷静に判断して投票所に行くか、期日前投票してほしい。全国平均を上回ることを願っている。(五十音順)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン