衆議院選挙広島県第6区
3候補者の訴え紹介

2017年10月20日号

 広島6区は三原・尾道・府中・庄原・三次・世羅・神石の5市2郡に及ぶ県内で最も広い選挙区である。島しょ部と市街地、中山間地が連なる郷土にあって、人々の暮らし、産業の形態は様々で、候補者は有権者の多様なニーズに沿った政策を訴えている。また、国政選挙として外交、憲法、社会保障等の在り方について主張を熱く語り、所属する党の政策を示し、来る10月22日〔日〕の投開票日に向け一段と白熱した選挙戦となっている。この選挙区に立候補した3者の熱き訴えをここに可能な限りまとめた。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン