三好眼科
焦点深度拡張型眼内レンズ使用
欧米で注目、地元初採用

2017年11月01日号

白内障手術で本格導入
 1988年の開院以来、6万5千件の白内障手術を手掛け、世界的な評価を得ている医療法人節和会 三好眼科(福山市大黒町2-39、三好輝行院長、電084・927・2222)は、「多焦点眼内レンズ」を使う白内障手術に本格的に取り組むことになった。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン