とよた珈琲店と回帰線
ラ・エスメラルダ ゲイシャ
共同購入し違うタイプの味提供

2017年11月10日号

 本格的な自家焙煎コーヒーを提供している「とよた珈琲店」(福山市伏見町4-40・中国バスビル1階、オーナー・豊田恭臣さん、電084・926・3363)と、「珈琲香房『回帰線』」(同市多治米町2-9-5、オーナー・金尾泰守さん、電090・9734・6184)は、中米・パナマにあるラ・エスメラルダ農園産のコーヒー「ラ・エスメラルダ ゲイシャ」の新豆を商社から共同購入し、2店で提供を始めた。価格は両店とも1カップ1千円。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン