国立病院機構福山医療センター
8年かけ、建て替え工事完了
12月末に外構工事も完成予定

2017年12月10日号

総合周産期母子医療C化目指す

 独立行政法人国立病院機構福山医療センター(福山市沖野上町4―14―17、岩垣博巳院長、電084・922・0001)はこのほど、外来管理棟が完成して旧病棟の撤去が終わり、8年間にわたる病棟の建て替え工事が完成した。駐車場などの外構工事が一部残っているが、12月末までには竣工する予定だ=完成予想図。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン