タテイシ広美社
西日本初大型メッシュビジョン
窓活用の新デジタルサイネージ

2017年12月20日号

広島銀行の新八丁堀支店に採用

表側

裏側

 LEDを活用した電光掲示板や屋内外看板などを手がける㈱タテイシ広美社(府中市河南町114、立石良典社長、電0847・43・4886)は12月18日に開業する広島銀行八丁堀支店(広島市中区八丁堀16番11号 日本生命広島第二ビル)の正面ガラス窓に、西日本で初めて大型「メッシュビジョン」=写真=を設置した。LED表示器を網目状に配置することで、映像を表示しながらビジョンの向こう側を透過させることもでき、ガラス窓の特性を活用した新しいデジタルサイネージ(電子看板)として新規受注も見込まれている。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン