髙田織物
畳縁を素材として利用促進
今月、「スクエア」を開設

2017年12月20日号

ひな人形も発売

本社敷地内の整備する「スクエア」

畳縁製造販売最大手の髙田織物㈱(倉敷市児島唐琴2―2―53、髙田幸雄社長、電086・477・7162)は12月下旬、本社敷地内に畳縁を使った小物作成のワークショップ機能を持たせた施設「スクエア」を開設する。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン