太陽美術館
3・11に太陽の絵を制作
地元の小学生も協力

2018年03月20日号

作品名は宇宙の太陽

東日本大震災に向けた絵画「宇宙の太陽」を制作するおおにしさん

 元漫才コンビ「ちゃらんぽらん」の漫才師で「太陽」の雅号の画家、おおにしこうじんさん(太陽美術館=小田郡矢掛町矢掛2628―1、電090・6551・0716)は東日本大震災から7年経った3月11日、太陽美術館付近で太陽をモチーフにした絵画「宇宙の太陽」を制作した。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン