タテイシ広美社
休憩室を社員が自ら社内に建設
ランチミーティングなどに活用

2018年05月01日号

里山の風景と調和する空間作る

 LEDを活用した電光掲示板や屋内外看板などを手がける㈱タテイシ広美社(府中市河南町114、立石良典社長、電0847・43・4886)はこのほど、社員達が自主的に企画立案し、鉄骨造2階建ての社屋内倉庫の一部を改装して食堂や休憩室などを設けようとしている=写真はイメージ。完成予定は6月だが、立石社長(41)も起案に加わり、地方に有りながら最先端技術にも精通する同社ならではのサスティナブルなオフィスモデルの構築を目指すという。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン