空港・鉄道・港湾活かした街
城下町の中央へ鉄道敷設
明治の福山編・石垣の損壊懸念

2018年05月01日号

反対運動の気運高まる

 

鉄道敷設前に描かれた福山城周辺

明治期に山陽鉄道という1本の線路で繋がれた福山、尾道、三原はその敷設にあたって各所が歩調を合わせ、用地の買収や工事への理解、協力があって開通することができたと思われる。でも本音の部分では各地域のエゴや損得勘定も相まって、路線の決定に少なからぬ影響を及ぼしたことがうかがえる。そうした史実は前号に記した数種文献を読んで分かったことで、中でも福山、尾道両市の「市史」を合わせ読むことによって「今日ある福山ー尾道間の鉄道がなぜこの位置に敷かれたのか」といった疑問も解けてきた。この号ではこうした当時の世相を織り交ぜながら、この地域に鉄道が敷かれた経緯をたどってゆきたい。(西亀 悟(本文)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン