経営者のMBA取得増える
経営の分析能力向上
新事業の発案にも寄与

2018年06月10日号

ラックスの本社で社員に指示を出す山田社長

   備後地区で経営学修士(MBA)取得を目指す若手経営者が増えている。MBAホルダーはプロ経営者とされ、経営分析能力が付くことで的確な意思決定が可能となるとされる。また、大学院通学で新事業開発に生かしたり、トップセールスをする中小零細企業の経営者にとってはMBA取得を名刺に記載することで営業的な武器になるケースもあると言う。備後地区でMBAを取得した若手経営者に話を聞いた。(高橋和孝)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン