ホルツベル
社長 伊藤昌宏さん
オンリーワン企業目指す

2018年06月10日号

いとう まさひろ(52)
独自の製品開発・拡販を
製品を通じて木の温かみを
改革、協力等をキーワードに
「ホルツ」とはドイツ語で「木材」という意味。「木材を扱っているところで毎日ベルが鳴っている活気のある会社」という願いが社名に込められているという。2008年3月から昨年9月まで社長を務めた土岸栄会長(69)が「ホルツベル」を文字通り、活気ある会社にした。その人が「事業再生を引き受けてから約10年が経過し、後進に道を譲りたい」と、昨年10月、総務部長だった伊藤昌宏さんに社長をバトンタッチした。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン