HOLM230
衣食住を楽しめる新たな仲間
抹茶カフェ・ソーイングショップ

2018年08月20日号

挑戦する新規事業主も募集

 インテリアショップと飲食や雑貨、ライフスタイルをサポートする店を抱える「くらしと家具 HOLM230」(㈱府中家具=福山市駅家町坊寺230、小森山卓次社長、電084・976・1122)内に9月より新たな仲間が加わる。抹茶カフェ&コミュニティとソーイングショップで、同施設内で10・11店舗目となる。郊外型家具専門店から脱却し、「まちの駅」にも認定されるなど8年前から複合施設化を図ってきた。衣食住にまつわる独自な業態での出店が相次ぎ、来館者の店内滞在時間は確実に増えている。“HOLM=川辺の小さなまち”という屋号を超えた、地域コミュニティも巻き込めるライフスタイルセンター的な空間になりつつある。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン