太陽美術館
豪雨災害復興イベントを開催
9日まで矢掛の子どもの絵展

2018年09月10日号

11/10日には音楽イベント

やかげ子供達と画家太陽展で披露する「明日への力」と大西さん

 元漫才コンビ「ちゃらんぽらん」の漫才師で「太陽」の雅号の画家大西幸仁さん(太陽美術館=小田郡矢掛町矢掛2628―1、電090・6551・0716)は西日本豪雨復興のため、矢掛町内でのイベントを活発化する。第一弾として9月9日〔日〕までやかげ郷土美術館(同町)で「やかげ子供達と画家太陽展」を、11月10日〔土〕には同町のやかげ文化センターでピアニストらを招いた催しを開催する。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン