髙倉自然農園
代表 髙倉理人さん
苗栽培や神楽で地域を盛り上げ

2018年09月10日号

たかくらまさと(35)

小田郡矢掛町東川面997―1

電0866・82・0321

 矢掛町内で野菜や花の苗栽培のほか、備中神楽矢掛社の神楽太夫としても活動する。苗栽培ではイタリア系レタスやパプリカなど近年の食のトレンドを取り入れ、矢掛町や井原市美星町の産直市で引き合いがある。髙倉代表は「野菜や花は苗半作(なえはんさく)と言われるほど苗が産物の出来を左右する。品質重視のもの作りに力を注ぎたい」と話した。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン