ラックス
屋上の利活用提案を強化
福山大学建築学科が協力

2018年09月10日号

学生のコンテストを開催に

福山大学建築学科の学生に向けたコンテスト説明会

ラックスがジャグジーなどを施工した自社の屋上

 建物改修業の㈱ラックス(福山市曙町4―3―18、山田哲矢社長、電084・957・5038)は商業ビルなどの屋上の福利厚生施設といった利活用の提案を進める考えだ。一般的にビルの屋上スペースの活用は少ないとし、福山大学建築学科の学生のアイデアを参考にした提案で新たな販路を開拓する。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン