草戸千軒ビレッジ
「草戸千軒とフィレンツェ」
9/15に明王院下で除幕式

2018年09月01日号

碑文は五木寛之さんの百寺巡礼

文学碑「草戸千軒とフィレンツェ」(イメージ)

 芦田川の川底に眠っていた草戸千軒町遺跡を再認識する活動を通して、地域の活性化と福山市の知名度アップに努めている住民団体「草戸千軒ビレッジ」(事務局=福山市草戸町5-11-6、三谷干城会長=ユニバーサル開発設計事務所代表、会員30人、電090・8600・6830)は、国宝・明王院(同町1473)下にある「明王院古地図」看板傍の広場に文学碑「草戸千軒とフィレンツェ」を建立、9月15日〔土〕午前10時30分-11時に除幕式を行う。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン