尾道自由大学
瀬戸内の魅力発信を積極化
6年間で延べ1千人が受講  

2018年09月10日号

尾道観光の振興にも寄与

尾道市土堂のオノミチシェアで開催された尾道自由大学大学祭2018

 ㈱せとうちホールディングス(尾道市浦崎町1364ー6、岡田寿介社長)傘下のディスカバーリンクせとうち(同市久保1、出原昌直代表)は瀬戸内地域の文化などを学ぶ「尾道自由大学」(中村真校長、電0848・38・2911)を通じ地域活性を図る考えだ。13年の開講以来、尾道市内を会場に延べ1千人規模が参加。講座参加で尾道含めた瀬戸内地区の魅力を感じる契機となった。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン