新市和田歯科
世界最先端の歯周病相談窓口
歯周病予防で健康寿命を延伸

2018年09月10日号

副院長が質問や相談に応じる

 新市和田歯科医院(福山市新市町新市695-2、和田 勝院長、電0847・52・6480)の和田圭祐副院長(48)=写真=は今年8月で米国テンプル大学歯周病インプラント科の主任教授を退任。今後は和田勝院長(76)を補佐しつつ、日本での歯周病治療に専念する。その第一歩としてこのほど、同院内に「歯周病相談外来」を設けた。世界最高峰の大学で学んだ知識や技術を活用し、歯周病に関する様々な相談事に応じることを通して、地域歯科医療の充実や健康寿命増進への一助となれば、と意気込んでいる。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン