壱乃藏
レストラン隣の土地・建物取得
グリル壱乃藏移転弁当事業特化

2018年09月10日号

新店舗

弁当事業で年商1億円目指す

 飲食店経営・弁当事業の㈲壱乃藏(福山市東町1―2―10、林倫男社長、電084・926・6824)は10月末、同社が出店しているグリル壱乃藏(同市多治米町1―9―11、電同926・6824)を閉店し、ワインとあぶり焼き壱乃藏の隣の土地・建物(同市東町1―8)を取得して移転、11月初旬、弁当事業に特化した店舗として営業を始める。現在のグリル壱乃藏は8月末でレストラン営業を終了しており、弁当事業も10月末で終了する。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン