笠岡信用組合
藍澤證券と包括業務提携
証券と金融の顧客シェア

2018年09月20日号

信組では中四国で初の提携

包括提携証を持つ笠岡信用組合の山本理事長=右=と藍澤證券の藍澤会長

 笠岡信用組合(笠岡市笠岡2388―40、山本國春理事長、電0865・62・3100)は中堅証券会社の藍澤證券㈱(東京都中央区日本橋、藍澤卓弥社長)と両者の顧客へのサービス拡充を根幹とした業務提携契約を締結した。笠岡信用組合は藍澤證券と連携し資産運用などのサービス補完に加え、藍澤證券の顧客の資金ニーズにも対応する。藍澤證券が中四国地区の信組と包括的業務提携を結ぶのは初めて。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン