SAWADA
効率的な売電収入を啓発
中国電力の売電制御策で  

2018年10月01日号

28日、福山商議所でセミナー

船井総研の穂垣さん

澤田社長

   太陽光発電システム販売施工、住宅リフォーム事業などの㈱SAWADA(福山市南手城町1―17―11、澤田宏紀社長、電084・924・8320)は中国電力㈱(広島市)の出力制御枠への到達を受け、事業者が今後必要となる対応についての提案を進める。中国電力の需給スケジュールに対応するため、出力制御などの機能付きの遠隔監視装置の導入含め、売電対策を啓発、顧客フォロー体制を強める。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン