JR西日本
来年3月、尾道駅の新駅舎が開業
飲食や宿泊など7店が入居

2018年10月01日号

ゲストハウスの要素取り入れ

尾道駅の新駅舎の完成予想図

 西日本旅客鉄道㈱(大阪市北区)は宿泊や飲食施設などを盛り込んだJR尾道駅(片岡茂樹駅長)の新駅舎の概要を発表した。サイクリストで盛り上がる尾道市でレンタサイクルや柑橘系のジュース提供店などの7店が出店。19年3月の開業を目指し、駅舎を通じ観光で沸く尾道市を活気づける。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン