漢方大好き!薬膳薬局
心筋梗塞や脳梗塞を予防
寒暖差での対策を啓発

2018年10月01日号

腸や肺、気管支の機能重視

漢方薬の「党参」や「紅参」、麻黄のほか、朝鮮人参のサプリメントを紹介する久冨社長

 「漢方大好き!薬膳薬局」(福山市延広町6―25)運営の㈱漢方大好き・薬膳薬局(同所、久冨寿美子社長、電084・928・0655)は寒暖差の激しい季節を迎え、腸や肺、気管支の機能向上が見込める漢方薬の処方を勧めている。糖尿病や高血圧などの持病の人はこの時期、心筋梗塞や脳梗塞を発祥し易いとし、広く対策を促す。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン