夢笛
FC展開を積極化に
中期5カ年計画を発表に  

2018年10月10日号

マルチブランド戦略を推進

中期経営5カ年計画を発表する髙橋社長

 福山や府中市や東京都、沖縄県に飲食店を展開する㈱夢笛(福山市霞町1―4―23、髙橋英樹社長、電084・973・9988)はFC事業の推進を根幹とした新中期経営5カ年計画を発表した。既存11ブランドを持つが、業態開発を急ぎラインアップを拡充。来期は8億円規模の売上げと増収を目指し、最終の2022年には25億円規模に押し上げる計画だ。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン