八天堂
八天堂ヴィレッジの拡充計画
20年10月の開設目標  

2018年10月20日号

六次産業化を盛り込む

 クリームパン製造の㈱八天堂(三原市宮浦3―31―7、森光孝雅社長、電0848・62・2645)は同市本郷町の広島みはら臨空工場周辺の開発に乗り出す計画だ。三原臨空産業団地の土地の取得を目指し、20年10月をメドにフードコートや観光農園などを開設する。工場見学や八天堂カフェリエでのパン作り体験を盛り込んだテーマパーク化含め、新施設開設で主力のクリームパンの販売増加といった相乗効果を生み出したい考えだ。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン