「災害支援・アット笠岡」設立
ぞうきんプロジェクトを継承
長期支援と災害対策に

2018年10月20日号

浸水した笠岡市北川地区

 笠岡市では、平成30年7月豪雨による家屋の浸水や土砂崩れの被害に対して市民有志や各種民間団体が集まり、民間のボランティアセンター「ぞうきんプロジェクト@笠岡」(以降@笠岡)が発足。民間の手による細やかな対応で、被災者とボランティアをつないできた。その後初期支援の役割を終え、今後の長期に向けた支援の継続と防災対策を目的とした「災害支援・アット笠岡」(髙田哲治代表=髙田工業㈱社長、運営事業部=電080・8984・1262)に組織名を変え、これまでの活動を引き継ぎつつ新体制で組織運営に臨んでいる。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン