アドバンス・クリニック福山
がん細胞消滅の治療
温熱や点滴療法で対応 

2018年10月20日号

 

福山市住吉町のアドバンス・クリニック福山で検査機器を説明する瀬尾院長

 がん細胞不活化を治療の「アドバンス・クリニック福山」(福山市住吉町5―8、瀬尾宜嗣院長、電084・999・2251)は温熱などでがん細胞を消滅させるがん治療療法を推進させる。患部を専用のマイクロ治療波で温めるほか、抗酸化作用の点滴療法などを推進。がん手術後の化学療法や放射線治療とも併用できる治療として広く啓発していく。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン