内海園芸
害獣被害防止の柵開発
イノシシの習性を利用  

2018年11月01日号

タキイ種苗通じ販売

 

福山市内海町の農家で取り付けた害獣被害防止の柵を説明する金高代表

 農業の内海園芸(福山市内海町イ1889、金高良樹代表、電084・986・2348)はイノシシやサルなどの害獣からほ場を守る鉄製ワイヤー柵を開発した。イノシシや鹿は落とし穴を避ける習性を利用。柵の前部に傾斜を付けたことで近寄るのを防ぐ。種苗大手のタキイ種苗㈱(京都市下京区、瀧井傳一社長)経由で全国の農家に向け販売する。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン