嘉美心酒造
冬の月が2万3千本の受注
夏時期から酒販店が売約

2018年11月10日号

24日から蔵出し開始

「冬の月」を持つ姫井常務

 酒造メーカーの嘉美心酒造㈱(浅口市寄島町7500―2、藤井進彦社長、電0865・54・3101)は冬の定番商品「純米・無濾過原酒『冬の月』」の販売量が今年度は昨年比1千本増の2万3千本の見込み、と発表した。冬時期の定番商材と夏時期からリピーター含め引き合いがあった。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン