福山誠之館同窓会
石膏像「かがみ」を寄贈
圓鍔勝三彫刻美術館に

2018年11月10日号

開館25周年記念展「祈りの彫刻」を開催中

石膏像「かがみ」

 日本彫刻界の巨匠・圓鍔勝三(文化勲章受章者、1905-2003)を故郷で顕彰した「圓鍔勝三彫刻美術館」(尾道市御調町高尾220、電0848・76・2888)は、12月2日〔日〕まで市制施行120周年・開館25周年記念展「圓鍔勝三 祈りの彫刻」を開催中。その記念展に展示されている石膏像「かがみ」が、福山誠之館同窓会(福山市木之庄町6-11-1・県立福山誠之館高校内、村上正高会長、電084・991・1560)から寄贈されていることが分かり、話題を集めている。2017年から同会の事務局長を務めている島津 隆さん(65)が次のようにリポートした。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン