岡山マリンボートセンター
イベントで5・7億円受注
見込み客も4・5億円規模

2018年11月10日号

宮浦マリーンで試乗促進

 

10月に開催した「YAMAHA岡山マリンボートショー2018」

新艇・中古艇販売業などの㈱岡山マリン・ボートセンター(岡山市中区江崎86ー5、武田泰栄社長、電086・276・2121)は海洋性レジャーシーズンを迎えたことで岡山市南区宮浦の「宮浦マリーナ」などでのボート試乗を促し受注を促進させる考えだ。10月開催の「YAMAHA岡山マリンボートショー2018」の見込み客に営業フォローを推進し潜在需要を獲得する。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン