芦田川環境マネジメントC
河川浄化チャレンジ月間
11/1-30日に参加者募集

2018年11月01日号

家庭で行う水質改善は必須

 芦田川は、流域の下水道普及率が全国平均の半分程度であり、河川へ流入する生活雑排水の占める割合が7割と多いため、各家庭で行う水質改善は必須とされる。芦田川の水質改善を進める官民ネットワーク「芦田川環境マネジメントセンター=AEMC」(田中宏行会長)では、「家庭でできる水質浄化の取り組み」の普及・啓発活動として、11月1日〔木〕-30日〔金〕に行う恒例の「河川浄化チャレンジ月間」への参加者を募集している。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン