三共冷熱
ISO45001の認証取得
労働安全規格をアップグレード

2018年11月20日号

国内では早期の取得

ISO45001の認定証を持つ女性社員

 空調、給排水、衛生設備工事などの㈱三共冷熱(福山市松浜町4―2―22、宮本大輔社長、電084・923・1263)は労働安全衛生の「OHSAS18001」を国際認証の「ISO45001」にアップグレードした。既に取得する品質のISO9001と合わせた統合マニュアルでサービス品質を上げる。国内では人手不足を背景に工場では省力化機器の導入が増加。同社では内部体制の強化でさらなる受注を汲み取る。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン