いけだ
瀬戸内デニムを立ち上げ
自社ブランドで差異化  

2018年11月20日号

事業会社「瀬戸内デニム」を設立

福山市御幸町のサラ福山御幸店で瀬戸内デニムのアイテムを紹介する瀬戸内デニムの池田社長

 カーテン縫製、小売業の㈱いけだ(福山市引野町1―6―9、池田憲昭社長)は自社のインテリアブランド「瀬戸内デニム」を立ち上げた。大手インテリアメーカーからの下請け受注を主力とするが、自社の特異性を打ち出す目的で参入。備後地区はデニム生地の一大産地で特殊加工した色移りがしないデニム生地のカーテンなどのインテリア商材で市場を開拓する。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン