自民党・小林史明議員
行政改革推進本部事務局長に
党の青年局長代理にも選任

2018年11月20日号

「三ツ星議員」の特別賞受賞

 第三次および第四次改造内閣で総務大臣政務官 兼 内閣府大臣政務官を務めた衆議院広島県第七選挙区(福山市)選出の自民党・小林史明議員(35、事務所=福山市西新涯町2-23-34、電084・959・5884)は、このほど行われた党人事で行政改革推進本部事務局長と青年局長代理に選任され、次のようにコメントした。
「昨今、行政やスポーツ関連の公益法人等で不祥事が続いているが、皆様から信頼される行政となるよう改革を進めるとともに、選手や運営に尽力する方々が実力を十分に発揮できるフェアな制度となるよう規制改革にも取り組んでいきたい。また、青年局は45歳以下の国会議員、地方議員、党員で構成される機関なので、全国の若い世代の意見を集約して政策に反映し、日本の課題解決に取り組みたい」。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン