日本遺産尾道をキャンバスに
第18回絵のまち尾道四季展

2019年01月10日号

全国から516点の作品

グランプリ「大公望」田畑武雄

 「第18回絵のまち尾道四季展」の最終審査会(石川健次審査委員長=東京工芸大学教授・美術評論家)が12月9日千光寺公園のかおり館であり、最高のグランプリ賞(賞金200万円)に田畑武雄さんの「太公望」が輝いた=写真左上。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン